ごあいさつ

東海道と申します。お店ではありません。A5・2穴のバインダーノートに、スケジュールから日記、写真、スクラップ、コラージュまで、何でも書いたり貼ったりするのが好きです。安くて可愛い文具の紹介もしています。ときどき、紙小物を自作したり、リメイクも楽しんでいます。マステやシールが大好きです。郵便モノ、風景印や記念切手、フォルムカード等も集めています。ガチャガチャ(カプセルトイ)大好き。ペットは日本のカエル10種前後ジョジョスマホを使用(ジョジョラー。7部「SBR」が特に好き)。江戸~幕末歴史オタク(会津藩)。ついでに、初年度からのグランパス・サポーターです。

2012年6月30日土曜日

可愛い糸と糸巻き


新しい雑貨のアイテムが作れないかな、と、「紙の温度」のバーゲンでゲットした糸巻き風タグ?に、持っている様々な可愛い糸を巻いてみました。


なるべく、同じ糸は重ならないように、でも、白は素材違いで入れました。


左・お気に入りの虹色の毛糸に、いつものピンクのビニール紐(金魚袋の紐(笑))。

右・涼しげで、夏っぽいです。


5種、全部違ったイメージで作りました。

でも、商品にすると、高くなってしまうので、自分で飾って眺めるか、プレゼントにしようと思います。


金糸・銀糸もあり、写真にすると、ちょっとカッコイイです。

にほんブログ村 雑貨ブログ ステーショナリー雑貨へ 

ユーロ2012・「イタリアvsドイツ」

期待の好カードになりました。


大好きな2チームが、ガチで対決です。


ベンチも含め、全員が肩を組み、大声で、国家を歌うアズーリ(イタリア代表)。

気迫と結束力を物語っています。


対するドイツ。

ここまで公式戦15戦負けなしとのこと。恐るべし、レーブ監督。


FIFAのポリシーを、それぞれのキャプテンが、母国語で宣誓します。

いつか日本も、日本語で、宣誓して欲しいです。(ベスト4入り!)


観客席では、右・イタリア、左・ドイツのサポーターによるパネルでの国旗掲揚が素晴らしく、うらやましいです。

=====

(以下、観戦記(笑))。


ドイツのフォーメーション。4-2-3-1.

キーマンはなんといっても、エジル。

シュバイシュタイガーの3列目からの飛び出しにも期待したい。


一方、イタリアのフォーメーション。4-1-3-2。

正直、試合前の予想では、「ピルロさえ押さえれば、ドイツはイタリアに勝てる」と思っていた。

案の定、ピルロはドイツに常にマークをつけられていたけれど、深い位置からでも正確でアリエナイ素晴らしいロングボールが自在に出せること。守備にも入りやすいポジションが功を奏し、逆にドイツは意識するあまり、バランスを自ら崩してしまった気がする。

早い時間帯に、ほとんど立て続けに点を取られてしまったことで、ドイツは完全に動揺してしまい、立ち直ることが出来なかった。(こんなとき、悪童バラックがいれば……)。

ドイツのイタリアに対する苦手意識、というより、イタリアは大会直前に八百長問題など、前大会でもあったけれど(お家芸か)、いざ、本番が始まると、艱難があるほどに強く結束する、この”異常なまでの結束力”さえ伝統なのか、八百長問題さえカンフル剤なのかと、舌を巻く。あの素晴らしい最高のキャプテン・カンナバーロも、すでにいない(引退)というのに。

2点ビハインドのままいい場面が作れなかったドイツは、後半、大・大会の点取り屋・いまやベテランとなったFWクローゼも投入しての、パワープレー気味に攻めようとした。

が、上手く行かず、イタリアのお家芸のカテナチオとブッフォンの神業的セーブに防がれ、カウンターまで浴びる始末。空回りのドイツは、萎縮して疲弊し、イタリアは完全に、ドイツを弄んでいた。ドイツは、終了間際のPK1点のみ。悲願の決勝進出とはならなかった。

イタリアは、とかく問題児扱いされていた(というか、問題児じゃないアズーリなんているのか?(ジョーク))、両親がガーナ出身の移民の子・バロテッリが、アフリカ系特有のばねの強さで強烈なシュートを見舞ったのは見事だった。強さ・高さ・技術に加え、己のメンタルをコントロールするクレバーさを身につけ覚醒した彼の、ビッグクラブによる争奪戦は確実に始まりそうな予感がする。(いや、もう始まっているかもしれない)。

彼が、2点目を決めた際、あえて、イエローカード覚悟で、ユニホームを脱いで、裸をさらし、「自分は黒人だ、アフリカ系だ。しかし、イタリア人でアズーリ(イタリア代表)なんだ」との痛烈な主張・矜持には、こちらも胸のすく思いがした。

イタリアには、スペインの連覇を阻止して、優勝してもらい、2年前返還したジュール・リメ杯の代わりに、せめてアンリ・トロネー杯を持ち帰ってもらいたいものだ。

(東海道スポ・東海道蹴道)

ブログランキング・にほんブログ村へ  決勝は、スペインとの中盤対決が見ものだけど、イタリアはまた中3日で、かわいそうな気もする。いや、だからこそ、このドイツを破った流れのままに、グループリーグですでに対戦済みの相手とガチでいけるかもしれない。なにより、最後は「より気持ちの強いほうが勝つ!」。やっぱ、これだね。

2012年6月29日金曜日

ウチのカエルたち34

一目惚れで、新しいカエルさんを、家に迎えました。


初めて飼う種類なので、一応、こんなレイアウトにしてみました。


送り主さんから送ってもらったときの用土を、そのまま寝床に使っています。


じゃーん。

当日はそっとしておいて、翌日、初めての”お風呂”に入ってもらいました。

(確かに、頼んだカエルなのか、確認も兼ねて)。


じゃじゃーん。

初めての、”カエル持ち上げ”です! 

感無量……(涙)。(そんな余裕ない、ちびガエルばかり飼っているから)。

どうです?

”どこのデザイナーもの?”って感じの、イケてるお腹の柄。足までしっかり模様が、入っています。


そして、

きゅっとした富士山型の口。

きりっとした眉。(本当にかいたような”眉毛(模様)”があるのです(笑))。

はっきりとした茶色の目。

通った鼻筋。

顔のブラックと、喉のホワイトの対比。

そして、全身腹側にオシャレなモノトーンの柄。

格好良すぎです!

こんな美形のヒキ(ガエル)さんがいるなんて!!!

「大きなカエルは……(範疇外)」との、これまでの考えは、このコを見た瞬間に、光速で大気圏外へ吹っ飛んで消えました。


さて、全身の土を落とし、健康診断も兼ねて洗った後は、はじめての計測です。どきどき。

7センチぐらい、かな?

土に入っていたので、体色も土色がかっています。


のしのし。

歩きます。

ああ、他のコみたいに、バッタのように跳んで跳んで逃げたりしない安心感……。

(アマさんは、海兵隊のように素早く垂直な壁(ケース)を登って跳び)、(リュウキュウは、初めから跳んで跳んで跳んで)

(長くストレスを与えないように、出来るだけ素早くケースの掃除を、それでいて逃げられないように警戒を怠らず、ああ、数は揃っている? 全員いる?)

なーんて、心配は無用で、ゆ~~~っくり、カエル散歩を眺めれていられます。

夢みたい……。

”初カエル散歩眺め”です。感激……。


たたずまい。

目の大きさにびっくりです。鳥みたいです。(小さいカエルは目も小さいので、そんなに意識していなかったけど)。

って、感じがします。


いやー、とにかく、この”顔のつくり”が好みで、惚れました。

ハンサムで、しかもスタイリッシュ。

メロメロです(笑)。

=====

さて、本日6月29日で、拙ブログは3年目に入りました。

こんなに長く、楽しく、続けてこられたのも、ご覧くださる皆様方のお陰です。

これからも、よろしくお願いします。

にほんブログ村 雑貨ブログ ステーショナリー雑貨へ  

=====

【おまけ】

(「履歴書写真」)


(アピールポイント・「まゆげ、あります!」)

(名前は、まだありません(笑))

☆その後、なじみのショップで、「このサイズのヒキさんに、このケースでは小さい」と教えてもらったので、大きなケースを一人で使っている割りに、ほとんど姿を見せないマダムが、お気に入りの植物の小鉢のベッドで、絶賛爆睡昼寝中に、こっそりケースを入れ替えました。
大型ケースを買ってこなくちゃなぁ。でも、収納ケースを自作or改造したほうが、軽く・見やすく・移動や掃除がしやすく・通気が良くて、カエルにとっても清潔で快適な、いいものが安く作れる気がします(絶対)。
頑張ります!

2012年6月28日木曜日

透明ちびザリガニ

”水辺の生き物”に、ハマっています。

本気で、もう、中毒、かもしれません。

今日は、ホームセンターへ行き、


そろそろ、蚊の出る季節だから、蚊を寄せ付けない芳香剤、


ではなく、ちっこいザリガニをゲットで~す。……。

いや、春頃、家に遊びに来た友達が、「カエルって飼えるんだ(洒落か?)

次男が見たら、大喜びしそう」。「あ~、でも、生餌(いきえ)?は無理」

ザリガニなら、いるんだけどね~」

と言うので、

「え? ザリガニって飼えるの?」。「小学生でも?」

「うん、飼えるよ。”金魚のエサ”みたいな”ザリガニのエサ”があって、それやって、ときどき水を換えるだけ」

と言っていたことを思い出し、かなり色は抜けていたけれど、1割引(微妙・(笑))だったし、なるべく、大きくて、元気そうなのを、選んできました。

飼うんですね!?

(ハイ……)。

と言うわけで、まずは、赤ザリガニからです。

前回、新舞子の海で、いたいけな幼稚園児から盗み取ったアイディア(ふひひ)、2Lのペットボトルを切って、水槽代わりにすることにしました。

水あわせは大事なので、元の水を全部と、すこし水道水、そして、


じゃーん。

とある用件で郊外へ行った時、田んぼから直接汲ませてもらった、水草や藻や、微生物の入った、栄養たっぷりの秘蔵の水と藻を加え、


こんな感じになりました。

藻はエサになるようで、藻なのか微生物なのか、早速、もしゃもしゃやっています。

隠れ家と、砂は必須のようです。

ついでに、海で拾った石も入れました。

=====

続いて、青ザリガニです。


ほとんど色が抜けていますが、


脱皮したてなところが、気に入りました。

元気な証拠です。

(抜け殻、ちょっと青いですね)。

(捨てちゃったけど、ネットで”飼い方”を見たら、「殻は、カルシウムを補うために食べると」。……)


このコには、カエルには、誤飲を避けるため使っていない小さめのシーグラスを、入れました。


そして、少しの水道水と、例の、田んぼの水と藻です。

”田んぼの水”は、日の当たる屋外に置いていて、減った分、水を足しています。

なので、慣れたら、全部、田んぼの水に換えていってもいいかもしれません。


大事な種水です。

浮き草も増え、水中で泥から生える草もあり、藻もあり、微生物も泳いでいます。

ひと月たっても、腐ったり、臭ったりせず、汲んだときのままの状態・環境を維持できています。

これだけで、立派なビオトープです。

(田んぼって、素晴らしい!)


さて、ザリガニたちの入っていたケースですが、しっかり閉まる上、蓋は水を通さず、空気は通すようになっていて、すごく貴重です。

再利用のために保管します。


というわけで、ザリガニくんたちは、リビングのPC脇の、旧カエル・レオパレスのグリーンのスチールラックに置きました。

(ふらさがっている蔓は、auの充電コードです)

……ん?

見慣れぬ緑のフタのケースが隣に……?

これは、一体……。


続く!

にほんブログ村 雑貨ブログ ステーショナリー雑貨へ  ビーシュリンプもヤマトヌマエビも、いつもいつの間にか消えているけれど、これはカニだからどうカニ(一発退場)

2012年6月27日水曜日

ジョジョの奇妙(じゃない)チョコレート


いやいや、超・許しちゃいます。

近所のコンビニで見つけました。


ドオォォォン!

「JOJO」のアーモンドクラッシュ(チョコバー)です。

当たり付きアイスがあるのは、知っていたけど(まだ、お目にかかっていないけれど)、チョコバーがあるとは、知りませんでした。


見かけたのは、こちらの2種です。

えーと、第3部の承太郎とDIOですね。

(私のように、第3部で力尽きたファンが多いのかな)。

(ひとつの物語が、長いし、興奮するし、難しいんだもん)。

(なるほど。映画や小説などが三部作(で一応解決)なのも、「3」という数字がもたらす心理的落ちつきのせいかもしれません)。(なので「3」の倍数は、OKと)。

それはさておき、


ドギャァァァァン!

もう一種、見つけました。


こちらは、箱入りで、キャラの描かれた小袋入りです。


こーんな感じで、10個入り。

(ってか、仗助かぶりすぎ)


箱は解体すると、こーんなで、カッコイイです!

勿論、切り取って、保存です!

こちらは、1~3部ですが、4部~のイラストの、箱の商品もありました。

チョコバーといい、箱入りといい、絵柄は2種のようです。

=====

【追記】

本当は商品2ケにつき、1枚キャラクター・カードがもらえる(カードには、さらに、抽選で当たる賞品に応募できる応募券が付いている)はずなのですが、私も店員さんも知らなかったので、もらえませんでした(涙)。

今後、ゲットする方は、お忘れなくご請求をッ!


にほんブログ村 雑貨ブログ ステーショナリー雑貨へ  貴族の名言「何をするだァーッ」が、校正されるようになったのは残念ッ。