ごあいさつ

東海道と申します。お店ではありません。A5・2穴のバインダーノートに、スケジュールから日記、写真、スクラップ、コラージュまで、何でも書いたり貼ったりするのが好きです。安くて可愛い文具の紹介もしています。ときどき、紙小物を自作したり、リメイクも楽しんでいます。マステやシールが大好きです。郵便モノ、風景印や記念切手、フォルムカード等も集めています。ガチャガチャ(カプセルトイ)大好き。ペットは日本のカエル10種前後ジョジョスマホを使用(ジョジョラー。7部「SBR」が特に好き)。江戸~幕末歴史オタク(会津藩)。ついでに、初年度からのグランパス・サポーターです。

2012年3月30日金曜日

ミニカードの真実

某本局で、同柄のフォルムカード5枚を購入したところ、ミニカードを渡してくれませんでした。

私が、「5枚購入したので、ミニカードもつけてください」と要求したところ、窓口で応対していた女性局員(判断がつかない様子)の奥にいた男性局員に、

「これは、非売品ですので、差し上げられません」と、突っぱねられました。

   。 。
  / / ポーン!
( Д )



い、いや、驚きのあまり、目が飛んでしまいましたが、飛ばしている場合じゃないです。

追い討ちをかけるように、その男性局員、

「これ、ね。裏に”非売品”とあるでしょ」
「売り物じゃないんですよ。差し上げられません」



( Д )    ......._。......_。 コロコロコロ…


「私は、今までに様々な局でフォルムカードを購入していますが、5枚単位で購入すると、”非売品”のミニカードはもらえました」

 「5枚買ってももらえない、なんてことを言われたのは、今日こちらが初めてです」
 「本当に、もらえないものなのかどうかを、確かめてください」

局「わかりました」

男性局員は、どこかへ電話して、確かめると、言いました。

局「本社(?)に問い合わせたところ、5枚購入の上、希望する方には差し上げるということです」

私「では、あなたの私に対する最初の回答は、間違っていたということになりますね?」

局「そうですね」(←謝れよ)

私「では、本日この件についての対応および正式な回答を、文書にして頂きたいです」

局「……そのような規定がないので、文書では回答をお渡しできません」

私「わかりました。では、私はブログをやっているので、ブログにて周知します」

以上です。

いや~、びっくりしました。

にほんブログ村 雑貨ブログ ステーショナリー雑貨へ  この局は、本局なのに、休日窓口も含め、びっくりするほど”知らない(私の勘違いじゃないかと私のせいにされる)”局員が多いです。(えざきちさんの言っていたことって、こういうのか~、と理解しました)。ちょっと偉そうな人がそうだと、全体として、そうなっちゃうんですね、組織って(知っているけど)。(ここ以外、普通に感じのよい局が多いので、余計に目立っちゃって、勿体無いです)。

2012年3月29日木曜日

東山動植物園(改装営業中)


灯台下暗しなのかもしれないと思い、3年ぶりぐらいに、地元名古屋の東山動(植)物園へ行ってきました。


駐車場の関係で、北門より入りました。

動植物園以外にも、子供用の遊園地があり、私が子供の頃に乗った観覧車(当時としては大型)や広大な園内を移動するためのモノレールが、まだ現役であるところ(一時期、運行していなかったような気もしますが)、あっぱれと思います。

そう思って来る大人(年配の方)も、きっと多いはず。


園内は、一日で巡るのは難しいぐらい、広く、広大で、”地帯”と表現できるぐらいです。

園内を、各方面へ抜ける公道(車道)が何本も通っていて、車の場合、行きたい目的別に、最寄のパーキングに留めるのが適しています。(植物園が目的なら、植物園の側、と)。



この動物園の”売り”は、コアラです。

名古屋出身の鳥山明さんが、書いたマークやレリーフがシンボルです。

当時、古臭く、人気が低迷していた動物園の巻き返しに、日本初のコアラを呼ぶ、ということでしたが、そのコアラ舎の建築には2億円かかった(なんたる豪邸!→そんな家に住める市民がどれだけいるんだ、贅沢すぎる)と、大騒ぎでした。

(でも、今、正門を入ってすぐに作っているゾウ舎は20億円って、先日C新聞に……)。(卒倒しそう!)。(名古屋城本丸御殿復元に10億円、半年で死んじゃったシャチ(ナミ)の譲り受け料5億円)。

うう……。



「k市長! 公約の減税は、どうなっとるんですか!」

「議会の協力が得られぇせんもんで、難儀しとるんだわ」


「うっ……!」(嘘つき!)

なーんて(笑)。

こうも気持ちよさそうに、すやすや眠っているのを見ると、どうでもよくなります(笑)。(超嘘ですけどね!)。

ちなみに、樹の下の周囲には、落ちても大丈夫なように、マットが敷いてありました。

動物園の動物は、敵がいないので、自然とは違う油断した寝方・寝相をすることがあるようですが、コアラも、安眠すぎて、ついには、床におりて、床で眠るのに有名なオスがいました。

昨年、繁殖のために、他の動物園へお婿に行ってしまい、見られず、残念です。

にほんブログ村 雑貨ブログ ステーショナリー雑貨へ  相変わらずの土木行政体質に、もや~。

2012年3月28日水曜日

ウチのアマガエル(ペット)22

と言うわけで、タイトルで”ねたバレ”ですが、


じゃーん。

自作のアマさんの家、完成です。

中には、水と、植物(本物のポトス)と、枝、偽アイビーを入れました。

偽アイビーは、上部の端を穴に通して、向け落ちないよう、とりあえずクリップで留めました。

蓋は、マステで貼ってあります。(これを押し開ける力は、小さなアマガエルにはありません)。


アマさんを、2匹入れたところ、しばらくジタバタあがいていましたが、すぐに慣れたようです。


上から見た所です。


材料費(円柱ケース)は、500円ぐらいです。

なんと言っても、軽いし、360度、カエルが見やすいです♪

まだお試しですが、これで、上手くいったら、より大きい円筒で、作ってみても良いかと、考えています。

にほんブログ村 雑貨ブログ ステーショナリー雑貨へ  ツリーフロッグなので、横幅より縦の長さが大切かと試作してみました。出来るだけ、軽く、大きなケースが理想です。(軽ければ、大きくても、風呂場でじゃばじゃば洗えます)。

できるかな、できるかな~♪

シモジマに、前からやりたいとイメージしていた事の”物”、”材料”があったので、作ってみることにしました。


用具は、こんな感じです。

シモジマでゲットしたのは、一番右の円柱型の透明ケースです。


まず、最初に、”ドット柄”を用意します。

その為に、100円ショップの細かさの丁度いい感じの包装紙を、プリンターで適当にコピーします。


それを、半分に切って、


ドットを整え、マステで貼って固定し、

さらに、カッターで、ドットを、まっすぐに揃えて切ります。



これを、筒に巻いて、マステで固定し、千枚通しで、ぶすぶす穴を開けていきます。

(最初は、フィスカースのパンチで開けていましたが、奥まで届かないので(当たり前だ)、千枚通しに変更です)。


出来ました。


右が上部、左が底の部分です。

底に近い部分にも、同じコピーのドットを巻いて、穴(通気口)を開けました。


続いて、これまた100円ショップでゲットした、緑色の滑り止めに円筒を置いて、大体の輪郭を取り、内側に入れるので、小さめに、はさみで切ります。


それを中敷にし、天井(蓋)にも、同様にして、通気口を開けました。

これで、ほぼ完成です。

続く。

にほんブログ村 雑貨ブログ ステーショナリー雑貨へ  見えてきましたでしょうか? そう、念願のアレのアレの自作です。

2012年3月27日火曜日

渋谷ハンズの限定マステ

大阪の「mt store」と少しかぶった期間に、東京では渋谷の東急ハンズにおいて、限定マステ(1~3弾)が発売されていました。


私がゲットしたのは、こちらです。


ノートに貼ってみました。

黄緑ペンキが一番可愛くて、好きです。

にほんブログ村 雑貨ブログ ステーショナリー雑貨へ  それにしても毎日寒いです

2012年3月26日月曜日

大阪@新幹線グッズ

大阪の”自分お土産”の続きです。


左・O系の付箋、右・九州新幹線の付箋です。

祖父が東京に住んでいた関係で、祖父に会いに、新幹線には子供の頃からよく乗っていました。それが、O系です。

飽きると、食堂車へ行って、コーンスープを飲むのが好きでした。

時々ライト(目)が赤くなるので、「うさぎ」と勝手に呼んでいました。


こちらは、最新のJR西日本の九州新幹線(メモ)です。



頑張って、新大阪駅手前の新幹線車庫?で実物も撮りました!(コンデジ、奇跡の1枚(笑)です)。

「見たことがない、薄い水色の新幹線(西日本の)だ!」と。

東海道じゃない(JR東海の車両じゃない)、新幹線は珍しくて、嗅覚が働きます(笑)。

東海道から、こちらを乗り継ぐホームの増設で?このところずっと、新大阪駅は工事中ですね。


さて、すっかり”自分お土産”の定番になってしまった(笑)、新幹線絆創膏シリーズです。


じゃーん。

今回は、5コもゲットしてしまいました。



なんといっても、これ! 阪急です!

新幹線(JR)以外の絆創膏もあるんですね。

懐かしいです。胸が締め付けられます。

関西に住んでいたときの最寄り駅は、「西宮北口」でした。

もう、10年も前です。

よく、金の時計の下で、待ち合わせをしました。


皆、梅田行き特急なんですね。

そんで、武庫川駅はまだできていない(作る気ない?)、と。


これは珍しい、関西なのに、「東北新幹線」です。


この「はやぶさ」とか、何?とわからなかったんですが、これも「東北新幹線」のようです。

カラーリングがめっちゃ好みです! 人気なんですね。


そして、九州新幹線と仲間たち。


トリは、メジャーの新幹線シリーズです。

先日引退した300系って、どんなの?と、わからなかったけれど「ロボコップ」ですね。「うさぎ」とか「ロボコップ」とか「しょうゆ顔」とか、ニックネームで言ってくれないとわかりません。(自分勝手すぎる)

今の700系は「かものはし」ですね。

時々、西日本の新幹線が、そのまま、東京へ行ったりするダイヤがあったんですが、今はどうなっているんでしょう。

JR東海とは異なる西日本の新幹線(車両)が、東海道を通るなんて、(「しなの」16号のように)、珍しい気がして、わくわくします。


にほんブログ村 雑貨ブログ ステーショナリー雑貨へ  鉄道マニアではなく、メカが好きです。

2012年3月25日日曜日

大阪@道中土産

大阪へ、「mt store」に行ったときの道中日記(といっても、途中のこだま号・新幹線駅のお土産コーナーがメイン)です。

まずは、「名古屋」を出発し、「岐阜羽島」です。

ここで、いきなりアクシデントが発生しました。

”京都~米原間で、線路内に人が立ち入ったため、当駅にて当面運転を見合わせ”、とのこと。足止めを食らいました。

”現在、確認中で、発車の予定は未定”とのことで、当分発車はなさそうなので、ミーハーな私は早速、窮屈な新幹線を降りて、ホームをウロウロ。

売店もなかったので、改札で切符を見せて出してもらい、改札外のコンビニを物色しました。


全国・1億数千万人の「さるぼぼ」ファンの皆様、お待たせしました! 

これが、フォルムカードにもなっている本物の「さるぼぼ」でございます。

(飛騨と言いつつ、羽島は美濃ですけど、気にしない~)。(岐阜に唯一の新幹線駅ですし)。


こんな感じで、頭巾をかぶって、お守りを持っているんですよ。

最近は、多色展開されていますが、元々、赤ちゃんなので、です。

いつも、つい、買ってしまいます。

今回も、「さるぼぼ」のご当地キティさんをゲットです。(後ほど紹介します)。


さて、後続の新幹線が詰まってきたのでしょうか? 

30分ほど停車した挙句、”確認中ですが、とりあえず、米原まで運行します”とのことで、先日、自家用車から見た伊吹山を、今度は新幹線の車窓より望みます。


「米原」でも、かなり、待たされました。

売店では、ひこにゃんのお菓子を発見です。


京都からの新幹線は来ないので、当こだま号は、京都からのホームに停まらさせられました(↓)。

本来の大阪方面ホームには、ビジネスマンを満載した「のぞみ」が、イライラ・オーラをムンムン発していました。(ご愁傷様です)。

新幹線が動かないのは仕方がないけど、場所が滋賀なだけに、フォルムカードを買いに外へ、郵便局へ行かせてくれ~~~!と、悶えました。(さすがに無理ですが(笑))。


そして、とりあえず、売店で、ひこにゃんのシールなんぞを買ってみました。

可愛いです♪


さて、1時間半遅れて、ようやく、「新大阪駅」に到着しました。

(写真は、撮り忘れたので、去年の使いまわしです(笑))。


帰りは、いつも疲れて、荷物も多く、お土産どころじゃない(というか、”食”をゲットするのに必死)なので、時間を気にせず、お土産物を見られるのは、到着時だけです。

早速、改札内外の店舗を、ウキウキ行脚しました。


バーン!

出たぁ、「面白い恋人」!


以前にも増して、あちらこちらで、山積み、大人気?です。

本物「白い恋人」に裁判を起こされても、判断はまだ下されていないので、しっかり売りまっせ~って、大阪の逞しい商人魂を感じます。


さらにこちら、「大阪の恋人」です。

これも、同系のパクリと見ていいんでしょうか? 初めて見ました。

こちらは中身も、ラングドシャの”似たような”お菓子のようです。


似たような”恋人”商品は、名古屋でも見ましたが。→ こちら


さて、(新)大阪(駅)となると、とたんに三都物語になります。

大阪・神戸・京都の、ありとあらゆるお土産品が大集結です。

そんな中、たったひとつ、ひこにゃん(滋賀)の根付を見つけました。

(滋賀って、関西だけど、ポジション微妙ですよね。長浜には、なぜか名古屋土産も売っているし)。


と言うわけで、行きに、駅でゲットしたのは、”自分お土産の定番”の、ご当地キティさんの根付(ストラップ)です。

種類は、沢山あるので、”フォルムカードと同じ”に、こだわることにしました。


というわけで、左・大阪の「串カツ(新世界)キティ」さん、右・さるぼぼを抱いた岐阜の「さるぼぼキティさん」です。


串カツ・キティさんは、裏にしっかり「二度つけお断り」の注意書きつき(笑)。


そして、こちらも密かなコレクション。

ご当地・チェブラーシカのメモセット(大阪)です。


さらに、可愛いピンクにほれ込んで、「好きやねん大阪」のメモも、ゲットです。

続く~。続く~。

にほんブログ村 雑貨ブログ ステーショナリー雑貨へ  「mt store」がメインの大阪ですが、新幹線も遅れたし、のんびり行くことにしました(笑)。